花嫁と花婿の衣装バランス

同じテイストの衣装を選ぶ!

二人の晴れ舞台となる結婚式。衣装のバランスを考えて選ぶと、より一層二人の姿が素敵に見えるでしょう。ドレスでも和装でも、大人っぽいもの・可愛らしいもの・シックなもの・豪華なもの、様々なデザインのものがあります。まずはどのようなデザインのものを着たいか、二人でイメージを合わせておくとバランスのいい衣装選びができるでしょう。また、デザインだけでなくイメージに合った色合わせも大事です。例えば、重厚感のあるクラシックなドレスには、同じくクラシックな白いタキシードや大人っぽい黒のタキシードが合います。淡い色の可愛らしいイメージのドレスであれば、かっちりとした黒のタキシードよりも、親しみやすいブラウンなど明るい色のタキシードがいいでしょう。

小物を上手に活用しよう!

衣装のバランスを合わせるのは、ドレスやタキシードのイメージや色を合わせるだけではありません。結婚式の衣装には、新郎新婦を彩る様々な小物があります。小物を上手に使うとワンランク上のコーディネートができます。例えば、新郎が身に着けるタイも重要なアイテムの一つです。新婦のドレスが大人っぽいものやシックなものであれば、落ち着いた色のネクタイがおすすめです。ドレスが可愛らしいものやポップな印象であれば、明るい色のネクタイ、もしくは蝶ネクタイでバランスを合わせましょう。また、新婦のドレスのメインカラーをポケットチーフに持ってきたり、ヘアアクセサリーで花を使うのであれば、同じ花を新郎の胸ポケットに飾っても素敵です。